腎臓病などの病気治療|医療サービスについて

先生

免疫重視の治療法

病院

NK療法は従来の治療に寄る副作用の心配が少ない治療方法です。自分の血液から培養した細胞を点滴で体内に戻す為、安心感もあるので選ばれる事が多くなりました。患者に優しい方法として注目されている免疫治療方法です。

View Detail

病院を選ぶポイント

悩み

私たちが普段お世話になる機会の多い場所があります。それは、城東区の病院やクリニックにある内科です。同じ内科でも、いろいろと専門が分かれていることが多くなっています。内科にかかる時には、その詳しい内容も確認するようにしましょう。

View Detail

自宅に来てくれます

男性

世田谷区は多くの人口を抱える区です。そのため、日常生活に欠かす事の出来ない病院も非常に多くあります。最近では在宅医療を行ってくれる病院も多くなっていますから、在宅医療を希望するのであれば、まずはどの病院で在宅医療を行っているのか調べてみましょう。

View Detail

腎疾患の治療

女の人

腎疾患の治療のテクニック

腎疾患とは腎臓病のことで、主な腎臓病には慢性腎炎や急性腎炎、ネフローゼなどがある。インフルエンザを患った時などは溶連菌によって腎臓病を患うリスクが高まる。特に子供は溶連菌による腎臓病のリスクが高くなるので、子供の扁桃腺が腫れた時は要注意である。慢性腎炎やネフローゼになると、人工透析が必要になることがあるので、早期発見をして、重症化を防ぐことが極めて大切である。慢性腎炎やネフローゼを予防するには、風邪やインフルエンザを患った時には、必ず病院で治療を受けることが大事になる。急性腎炎は早期発見できれば完治する。急性腎炎も子供が患うことが多く、学校の健康診断の尿検査で判明するケースが多い。尿検査の結果、再検査が必要だと診断された時には、必ず病院に行って再検査を受けることが急性腎炎の早期発見につながる。

腎疾患の今後の動向予測

先進国を中心に高齢化が進行しており、腎臓病を患う人は世界的に見ても増加している。慢性腎臓病を予防するための取り組みは世界レベルで行われており、日本でも慢性腎臓病を予防するための対策が講じられている。慢性腎臓病の患者数の増加の結果、人工透析を受ける人が増えており、社会問題になっている。慢性腎臓病を予防するには食生活を改善することが必要で、塩分の過剰摂取をしないことが腎疾患の予防につながる。適度な運動を続けたり、禁煙をすることも腎疾患の予防に貢献する。日本では国を挙げて慢性腎臓病の予防に取り組んでおり、国民に周知されることによって、腎疾患を患う人は全体的には減少すると考えられる。しかし高齢化は今後も進行するので、腎疾患を患う高齢者は高齢者人口の増加によって増えると予想される。